だから弁護士に依頼

保険会社は、お金を稼ごうとしている営利企業です。交通事故を起こしてしまったあなたの味方になってくれると決まっている訳では全然ありません。都合で早期に治療費が打ち切られてしまったり、症状固定を迫られたりすることも頻繁にあるようです。保険会社が側にいてくれるからと、後遺障害の等級認定についても,わざわざ賠償金を増額するための相談をしても、保険会社が親切に答えてくれるなんてまずないでしょう。

そのとき、保険会社はいうでしょう。しっかりあなたも交渉するのなら、勉強をしなさい……と。交通事故でパニック状態になっている人に対して、なんという冷たい仕打ちなのでしょうか。しかし、これが社会の現実にようです。

本当のことを言えば、賠償額を提示されても,それが本当に適正な金額かどうか分かったものではないのです。この冷たい社会をもうちょっと疑って見た方が良いです。これが、賢く社会を渡り歩く方法なのです。

保険会社の担当者は経験豊富な交渉のプロフェッショナルであり、生半可に勉強をしたって、勝つことなんて出来るはずは、ありません。だから、法律のプロフェッショナルである弁護士に依頼する意味があるのです。弁護士こそが、怪我の治療中から治療の後までもしっかり見すえた正しいアドバイスができます。そして,煩わしい後遺障害の認定手続をしてくれる存在です。

難しい交渉

適切な後遺障害の等級認定が、受け身体勢で待っていればもらうことが出来るというものでもないようなのです。なんて、交通事故って不条理なものなのでしょうか。特に、ムチウチなど後遺障害には、このような問題を抱えているようです。

適切な後遺障害の等級認定を受けるために、医学的かつ法律的専門知識が必要です。しかし、ほとんどの人たちが、そのようなものを持っている訳ではありません。プロフェッショナルな人たちが下した判断なので、後々適切な後遺障害の等級認定をもらうことは素人のみなさんにとってはとても難しいことです。

だから、このようなケースにおいて、法律的にも、医学的にも専門的知識を持っている弁護士が必要なのです。プロフェッショナルに対して、プロフェッショナルに戦ってもらいましょう。交通事故に対して、弁護士の存在意味はとても大きいのです。後遺障害の認定手続だけでもこんなに面倒くさい、判りづらいものの、交通事故は、直後から最終的に示談が成立するまでの間、加害者側の保険会社と実にいろいろな交渉をしなければなりません。

保険会社は、出来れば、あなたに対してお金を支払いしたくないのです。ですから、専門的要求をつきつけてくることになります。

認められない

後遺障害の等級認定は簡単に得ることが出来るものではなくて、 専用の医学的な検査が伴ってきます。そして、残存している症状が後遺障害診断書に記載されていても、それぞれ等級の認定の具体的な基準を踏まえた検査資料が添付されていないという場合も、後遺障害を認定してもらうことほとんど難しいようです。

等級認定の申請結果が非該当というのは結構多くあることです。素人の人たちは、そのような結果を、プロフェッショナルなる人たちが下した訳ですから、ただ仕方ないものとあきらめてしまうかもしれません。交通事故にあった人たちは、ほとんどが初心者の人たちなので、当然そのような行動パターンに従ってしまうでしょう。

そして、認定された等級に不満があるという場合もあります。しかし、一度出た認定なら覆すことが出来ないと思っているのです。しかし、認定に満足出来ないのなら、認定を覆すために努力する・戦うことが大事です。ただしそれを交通事故初心者の人たちがどの程度出来るかということです。

認定を覆すことが出来たケースなんていくらでも存在しているのです。不満なものに対しては、異議申立をすることができます。ただし、すでになされた認定結果を覆すため認定の誤りを指摘して、それを裏付けるための証明をする必要があります。

後遺障害は弁護士に相談

後遺障害の問題は医師と関わるものと思っている人たちが多いようです。医師としっかり向きあえば、いい結果をもたらしてくれると思っているのです。もちろん、私は被害者であり、交通事故にあってプラスしてそんな冷たい仕打ちを受けるとはとうてい考えることが出来ません。しかし、社会の構造って、そんなに都合良く行ってもいないようなのです。

交通事故の被害者なのに、社会的に冷たい仕打ちを受けてしまうことも結構多いようです。しかし、交通事故にあった人たちは、そのとき、何をしていいかの知識など何ももっていませんし、医師がこうだといえば、それをただ受け入れるしか方法を持ってないのです。

ここに弁護士という存在があります。そのような人たちに相談するメリットは一体どこにあるのでしょうか。一人で交通事故と戦うよりは、専門家・プロフェッショナルの力を借りることはとても頼もしいことです。そのような人たちがきっとあなたを守ってくれるでしょう。

後遺障害の等級認定は、主治医の診断により作成された後遺障害診断書を主な判断材料とします。ただ、この診断書を楽観的に提出すれば良いということではなくて、 治療経過や検査結果とともにすべての症状が具体的に記載されている必要があります。記載漏れ,そして曖昧な表現などがあったりしたら、不本意な後遺障害の認定結果となってしまう可能性があります。このようなケースも決して少なくはありません。更にお話しを続けて行きます。