後遺障害は弁護士に相談

後遺障害の問題は医師と関わるものと思っている人たちが多いようです。医師としっかり向きあえば、いい結果をもたらしてくれると思っているのです。もちろん、私は被害者であり、交通事故にあってプラスしてそんな冷たい仕打ちを受けるとはとうてい考えることが出来ません。しかし、社会の構造って、そんなに都合良く行ってもいないようなのです。

交通事故の被害者なのに、社会的に冷たい仕打ちを受けてしまうことも結構多いようです。しかし、交通事故にあった人たちは、そのとき、何をしていいかの知識など何ももっていませんし、医師がこうだといえば、それをただ受け入れるしか方法を持ってないのです。

ここに弁護士という存在があります。そのような人たちに相談するメリットは一体どこにあるのでしょうか。一人で交通事故と戦うよりは、専門家・プロフェッショナルの力を借りることはとても頼もしいことです。そのような人たちがきっとあなたを守ってくれるでしょう。

後遺障害の等級認定は、主治医の診断により作成された後遺障害診断書を主な判断材料とします。ただ、この診断書を楽観的に提出すれば良いということではなくて、 治療経過や検査結果とともにすべての症状が具体的に記載されている必要があります。記載漏れ,そして曖昧な表現などがあったりしたら、不本意な後遺障害の認定結果となってしまう可能性があります。このようなケースも決して少なくはありません。更にお話しを続けて行きます。