認められない

後遺障害の等級認定は簡単に得ることが出来るものではなくて、 専用の医学的な検査が伴ってきます。そして、残存している症状が後遺障害診断書に記載されていても、それぞれ等級の認定の具体的な基準を踏まえた検査資料が添付されていないという場合も、後遺障害を認定してもらうことほとんど難しいようです。

等級認定の申請結果が非該当というのは結構多くあることです。素人の人たちは、そのような結果を、プロフェッショナルなる人たちが下した訳ですから、ただ仕方ないものとあきらめてしまうかもしれません。交通事故にあった人たちは、ほとんどが初心者の人たちなので、当然そのような行動パターンに従ってしまうでしょう。

そして、認定された等級に不満があるという場合もあります。しかし、一度出た認定なら覆すことが出来ないと思っているのです。しかし、認定に満足出来ないのなら、認定を覆すために努力する・戦うことが大事です。ただしそれを交通事故初心者の人たちがどの程度出来るかということです。

認定を覆すことが出来たケースなんていくらでも存在しているのです。不満なものに対しては、異議申立をすることができます。ただし、すでになされた認定結果を覆すため認定の誤りを指摘して、それを裏付けるための証明をする必要があります。