だから弁護士に依頼

保険会社は、お金を稼ごうとしている営利企業です。交通事故を起こしてしまったあなたの味方になってくれると決まっている訳では全然ありません。都合で早期に治療費が打ち切られてしまったり、症状固定を迫られたりすることも頻繁にあるようです。保険会社が側にいてくれるからと、後遺障害の等級認定についても,わざわざ賠償金を増額するための相談をしても、保険会社が親切に答えてくれるなんてまずないでしょう。

そのとき、保険会社はいうでしょう。しっかりあなたも交渉するのなら、勉強をしなさい……と。交通事故でパニック状態になっている人に対して、なんという冷たい仕打ちなのでしょうか。しかし、これが社会の現実にようです。

本当のことを言えば、賠償額を提示されても,それが本当に適正な金額かどうか分かったものではないのです。この冷たい社会をもうちょっと疑って見た方が良いです。これが、賢く社会を渡り歩く方法なのです。

保険会社の担当者は経験豊富な交渉のプロフェッショナルであり、生半可に勉強をしたって、勝つことなんて出来るはずは、ありません。だから、法律のプロフェッショナルである弁護士に依頼する意味があるのです。弁護士こそが、怪我の治療中から治療の後までもしっかり見すえた正しいアドバイスができます。そして,煩わしい後遺障害の認定手続をしてくれる存在です。